B型肝炎とは?

皆さんはB型肝炎という病気をご存知でしょうか?この病気は、テレビで名前を聞くことも多い病気だと思います。
その理由は、院内感染を起こしたB型肝炎患者が、国の補償が不十分であるとして集団訴訟を起こしているためです。
最近になってようやく進展があったことで、ニュースなどでもよく聞くようになりました。
さて、ではこのB型肝炎というのはどのような病気なのでしょうか?症状については、詳しく知らないという人も多いでしょう。


B型肝炎の主な症状は、まず倦怠感が挙げられます。
何となくだるい、というのがこの症状です。
さらに、発熱を伴うことがあります。
インフルエンザのような急激な発熱ではなく、微熱程度の発熱です。
尿の色が濃くなる症状も発生することがあります。
これらの症状は、いずれも一般的な風邪によって発生するような症状とそれほど変わりません。
唯一違っているのは、2から3ヶ月程度長引くことがある、ということぐらいです。
ちょっとした体調不良程度のものであるとも言えます。
では、何故それほどまでに大きな訴訟に発展しているのでしょうか。


その理由は、感染経路が特殊であることと、この病気自体の症状とは違った副次的な損害が発生する可能性があることに起因しています。
このページでは、B型肝炎の感染経路についてと、B型肝炎ウイルスによって発生する副次的損害について詳しく紹介します。
そして、予防策があることについても合わせて紹介します。


※注目情報
B型肝炎患者が受け取ることができる給付金について手続きなどを行ってくれる弁護士事務所です ⇒ B型肝炎 給付金

Copyright © 2014 B型肝炎ってどうやって発症するもの? All Rights Reserved.